紙面を通じて皆さまと交流してみる

診療部長 黒川 淳一

例えバカバカしい内容であっても継続は力なりとはよく言ったもので、毎年懲りもせず、当紙面にてバカ話を積み重ねていたら、知らずのうちに少しずつですが形になってしまいました。よくこんな緩い内容で書いてもいいよと言ってくれるものだと、編集者に対しては半ば呆れ感心しつつ、今日まで至っております。皆さまからのお陰様をもちまして、どうでもいいような内容だけで昨年には、とうとう1冊本にまとめて上梓することができました!殆ど売れはしませんでしたが・・・。色々と反響(?)を頂いたので皆さまへの御礼方々、その後の顛末などをご紹介したいと思います。

果てはどエライ先生からお褒めのお言葉を頂いてしまったり、NHK FM アニソンアカデミー(2018年10月27日放送回)内にて取り上げて貰ったりと、かなり派手なことになってしまった時には、あまりの大ごとに、むしろこちらの腰が抜けてしまいました。直立して思わず敬礼してしまいそうな、大変なことでした。
もう少し地に足がついた所では、患者さんの何人かさまが、診察室に入って来られる際に、さり気なくそういったグッズを身に付けて来て下さったことが度々あったことでしょう。アニメプリント柄のTシャツは言うに及ばず、ウルトラセブンの“ウルトラアイ”を模った眼鏡をはめてお越しになられた方がお見えになったり。まさか貴方までこちらの側の人でしたか! コスプレではないのですが、楽しいですね。話題が共有出来るということは。話が弾んで、何の診察していたのか分からなくなってしまいました。すいませんでした。

自分で直接担当していない患者さんからも反響を頂きました。突然、山盛りの漫画本の差し入れを外来受付越しに頂いたことがありました。これはまだまだ精進せよ、ということでしょう。ネタを仕込んで参りたいと思います。挙句、エヴァンゲリオンのパチンコ台は要らないか?とまでおっしゃって下さった方まで見えたそうで、それはどのようにして使われている状態を期待してのことだったのでしょうか? 深夜一人、当直室でパチンコ台を前にした自分を想像すると、思わず吹き出してしまいます。その姿は殆どチンパンジーと変わりません。なかなかシュールな画になりそうです。

いつもうつ症状で大変苦しんでおられる方から、“トマトの話を読みました”と言って下さったことがありました。苦しいさなかにある方へ、少しでも笑いが届いたのではないかと、むしろこちらが穏やかな気持ちにさせて頂きました。こちらこそ、ありがとうございます。

そして本当は一人暮らしで寂しい思いをしているはずであろう彼のことです。拙出を楽しく読んで下さってからは、図書館でそういった関連の本などを借りては毎晩読んで暮らしている、といったことを診察の度に、元気に報告して下さいました。楽しそうにお話し下さるご様子から、こちらが生きる喜びを頂いてしまいました。この一件だけでも書き残した甲斐が十分あったと、大変嬉しく思っています。

皆さまからのお声掛けやご支援などを踏まえて、今後もお役に立っているのかどうかさっぱり分からないようなバカバカしい内容で、懲りずにお伝えしたいと思っております。 
無用の用。皆さまと双方向でのコミュニケーションを図っていけると楽しいですね。

(白帝ニュース平成31年3月)


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2019
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

 


Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.