●慢性うつ病対策 マインドフルネス認知療法(土曜クラス)

慢性的なうつ症状(落ち込み、不眠、疲労)でお悩みの方を対象に、次世代の認知行動療法として注目されているマインドフルネス認知療法(MBCT: Mindfulness-Based Cognitive Therapy)を実施しております。MBCTはもともとうつ病再発防止のために開発されたものですが、最近では慢性うつ病に対しても効果が検証されつつあります。

【プログラムの内容】

全8回(各2時間)のグループセッション(参加者数名程度)

世界各国の医療現場や企業研修(Googleなど)で実践されている瞑想法を、毎回下記のテーマに沿って丁寧にご説明し、一緒に練習していきます。

●第一週:自動操縦状態と気づき
●第二週:頭で生活してしまうこと
●第三週:散漫な心をまとめる
●第四週:嫌悪を見極める
●第五週:ありのままでいる
●第六週:考えている内容は、必ずしも事実ではない
●第七週:自分を大切する
●第八週:今後も学びを深める

自宅での瞑想練習(毎日約1時間)も含め、約2か月間集中的に学ぶことで、マインドフルな心の習慣が形成され、慢性的なうつ症状が軽減されていきます(個人差あり)。

参加ご希望の方は主治医にお問い合わせ下さい。
後日、治療担当者より直接プログラムの詳しい内容をご紹介させて頂きます(約2時間)。
なお、臨床研究のご協力を依頼する場合がありますので予めご了承お願い致します。

【土曜クラス担当者】家接哲次(医学博士)

訳本に『キーポイントで学ぶ マインドフルネス認知療法入門』(大野裕監修、創元社)や『マインドフルネス・ストレス低減法ワークブック』(金剛出版)がある。
2013年にはアカデミックビジターとしてオックスフォード大学マインドフルネスセンターに1年間滞在しMBCTを学んでいる。

 



∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.